南方に行ってまいりました

  • 2016.03.08 Tuesday
  • 09:34
スモーキーマウンテン。分別もなくただ積み上げられたゴミの山から自然発火の小さな炎があちこちに立ち、煙が上がっている様からつけられたゴミ集積場の名前です。
かつてマニラ郊外に広大なものがあり、閉鎖されはしたそうですが、その後別の場所に同じような場所が出来てしまい、フィリピン全土にも点在しているといわれています。
スービックに存在するここもそんな場所のひとつで、一般の人間が普通に入れる場所ではないのですが、現地にとっては高価なカメラを提げた我々一行が安全に見てこれたというのは冨田さんの現地への貢献がいかに大きいか物語っています。

ここでも子供達は劣悪な環境をものともせず、明るく元気でいるように見えました。
将来を嘆いていても仕方ないのかもしれませんが・・・
 



美しい夕日と奇妙な対比を見せています。


今回のフィリピン行きでも様々な人、場所に出会い、価値観、幸福観について改めて考えさせられました。

 


それでも子供の笑顔は何処でも救われます。



次に来たときにもまた会おうね。(大人になってるかも知れんが)
 

南方に行ってまいりました

  • 2016.01.25 Monday
  • 01:17
通常、観光などでは行けないような村や集落も多々訪れました。どこでも人々は逞しく明るく、熱帯の気候でも元気に生きています。

手作り感溢れるお家。台風とか大丈夫なんでしょうか。


コンビニ的な存在か。思いっきり金網張ってあるけど。


何故か懐かしく感じる路地。


どこでもちびっ子だらけ。 




市場の入り口辺り、喧騒が心地良いです。

南方に行ってまいりました。 

  • 2016.01.22 Friday
  • 03:32

堀口さんのプロジェクト、”Smiling Baby"は愛想笑いがまだ出来ないけれど、笑い始める生後3ヶ月〜4ヶ月の赤ちゃんの本当に純粋な笑顔を撮りあつめて、世界が幸せに満ちるようにという願いがこもったもの。
http://www.smilingbaby.jp/

撮る人、撮られる人、周りの人、すべてが笑顔になるとても居心地のいい現場でした。
 
こんな小さな小さな赤ちゃんがふっと、笑顔になる瞬間。何ともいえない嬉しさの空気が辺りに広がります。



こちらもいい笑顔だけどもね。

近づくと歓声を上げて逃げるのに、ちょっと離れるとこちらをみて何か言って笑ってる。手玉に取られてますな。




 

南方に行ってまいりました 

  • 2016.01.16 Saturday
  • 14:53

フィリピンに行ってきました。写真家の堀口マモルさん、奥様、誘ってくれた荻久保監督、荻久保さんの事務所の加藤さん。この御一行にくっついて行った先は、首都マニラから車で5時間ほどの港町スービックで日本人助産師冨田江里子さんが開いている診療所。

朝にはもう診療を待つ人たち。お産でないような人もいるような・・・

こんなにも貢献されているのに、政府から認可がおりないとの事。

みんなに信頼されています。

明るい人々。

堀口さんのプロジェクト、〈SMILING BABY〉の撮影。

飯も美味いし、人も親しげ。色々と問題もあるのでしょうが。 もし食い詰めたら此処に来ようかな。 

カンボジアの子供たちが描いた絵の展覧会

  • 2014.08.04 Monday
  • 11:20

6月の展覧会が終った後は、雑事に追われ、あっという間に7月も過ぎてしまいました。下町は連日の暑さで、近くの高い建物の所為か風ばかり強くて妙な感じです。
この暑さで南国の気候を思い出していたら、展覧会のお知らせを戴きました。

昨年訪れた大恩人がカンボジアで絵を教えている学校の子供たちの作品展です。いわば弟妹弟子(歳が違いすぎる?)の絵ですが、もう教わることばかり、数年前までは絵を描くことすら知らなかった者が手がけたとは思えない素晴らしい作品達です。
是非足をお運びください。他では得られない感動をもらえます。
 人懐っこいたらありゃしない。どの子も可愛くて、もう・・・ 


ホントに熱心に描いています。横顔がとてもいいですね。

色の感覚が素晴らしいのは、民族性?

日   時:   2014年8月7日(木)〜8月12日(火)
開館時間: 11:00〜19:00 (9日・10日の土日は、13時から)
  場   所:   NANZUKA
          〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2−17−3
          渋谷アイビスビル B1F  Tel:03-3400-0075
          (渋谷ヒカリエ2F 青山方面出口から1分
http://www.npo-if.jp/yfund/jp/activity_12(annai).htm

カンボジア 柬埔寨

  • 2013.06.20 Thursday
  • 13:31


 三十年程前に大変お世話になった美術の先生がカンボジアで現地の子供達に無償で絵を教えていると去年知りました。それからメールで何度かのやりとりはあったのですが、やっと来ることが出来て、色々と授業の様子を見学させていただいたり、色々な所を案内してくれたりとすっかりお世話になりました。特に孤児院の子供達は活き活きとしていて、屈託のない笑顔を惜しみなく向けてくれるときはこの上ない幸せを感じることが出来ました。
明日、帰国を控えていますが今後も此の国の様子をご紹介させていただきたいと思います。


山頂の遺跡、此処からの夕日の眺めは最高



アジア最大の湖、トンレサップ湖に向かう船着場にて。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM